ナルト全巻買取価格が高い!儲かったよ!

私は頻繁に漫画を買ってそれを売っています。
具体的には一度にマンガを大量に、できれば全巻買うのです。
そして要らないと感じた作品だけを売りに出しています。

以前は漫画の買取で大きな得をするような出来事がありました。
その時はマンガを大量に買って飽きたものを売りました。
実際に売りに出したのは最新の作品だったと思います。

その漫画買取で、私は予想以上の値段に驚きました。

実際にコミックを売って儲けられるような展開になりました。
なぜなら、自分が買った金額よりも売値が高かったからです。

そうなった経緯はあまり覚えていないのですが、まとめて大量に購入したのが良かったと思います。
私は通販サイトで何度も漫画の福袋を買っています。
そしてそれを売ると意外にも儲けられるのです。

実際に福袋は当たれば凄い漫画が沢山入っています。
私の場合は、人気作品のナルトが全巻入っていました。
凄く嬉しかったですね。
ナルト全巻を買取に出せば儲けられるのは当然です。

参考:ナルト全巻買取価格

このようにして私は古本を売ったり買ったりするのが、面白いと感じました。
本の売買にも相場があるので、それを知ることもお勧めです。

また古本を売っている店をネットで比較すると結果が良くなります。
私は気に入っている店に漫画の買取を頼むようにしています。
そこなら低い金額にならないので常に活用しています。

ナルト無限月読についての考察

マダラが無限月読を発動してしまい、この世が幻術の世界になってしまいました。
ナルト、サスケ、サクラ、カカシ以外は無限月読にかかってしまいました。
この4人だけが、この世にいる人間をすべて幻術にかける術が効果が無かったのか疑問です。

理由はサスケがスサノオを使い、守った事で術が届かずに無事でした。
この無限月読は幻術かかるのは、発動した瞬間だけで、しばらくすると、外に出ても問題ないです。

ところがマダラの部下だった黒ゼツに裏切られてしまいます。
黒ゼツはマダラの身体に寄生して終わっています。
黒ゼツはマダラ意思ではなく、カグラの意思という事です。

マダラの身体に侵入した黒ゼツは何らかの形で、カグラに変わる可能性があります。
そうなると、マダラ、六道、カグラの力が一つになり、とんでもない強敵に生まれてしまいます。
マダラが最終的に黒ゼツに裏切られた事により、敵からナルト達の味方になると考えています。

寄生されて身体を奪われてしまうも、中でマダラが抵抗し、分離してマダラだけ復活し、共闘します。
マダラがそもそも無限月読を使おうとしたきっかけなどが明らかになると思います。
ナルトは、なんかどんどん黒幕が出てきて、まださらに黒幕が登場しそうです。